2014-12-07 (Sun)
創造主からのメッセージ

もともと そなた達は わたしと共にあった
わたしの創り出す世界の設計図と共に

人として生を受けたそなたであるならば
誰も皆 DNAに刻まれし わたしのおもいを思い出せる
その様に仕組まれておる

未知なる世界を切り開くかけ橋は
すでにそなた達の魂に吹き込まれておるのだ
万人の力を合わせ
それぞれに持たせた特徴を持ち寄り 照らし合わせ
内なる魂 光り輝く世界に立ち返るがよい

閉ざしているのは おのれ自身
わたしはすでに扉の中で待っておるのだ



天へ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こんにちは。
いつもありがとうございます。

この度、創造主 主の大神さまにお導きいただき、
新しいサイト『光り輝く世界の記憶』を始めさせていただくことになりました。

未知なる世界を切り開くために、体験や気づき、愛と感謝の心、情報などを伝え合い、
活かし合っていけるようなブログをご一緒に創っていけましたら光栄です。

のびやかにリラックスして、明るく、真摯に前進して参りたいと思っております。

これまでに示してくださったメッセージ〔テラ~再生への旅~〕を
しっかりと受けとめさせていただき、実践させていただきながら、
新しい光のエネルギーを創り出していく段階にきているように感じております。

手探りしながらの進行となるかと思いますが、
あたたかい眼でお読みいただき、お気軽にご参加いただけましたら幸いです。
そして、お力添えいただけましたら有り難く存じます。

どうぞよろしくお願いいたします。

                          ~感謝を込めて~
                                   琴音

こんにちは ひめみこです。
ご訪問くださり心から感謝いたします。
ここ20年来 神さまからのメッセージやビジョンをお受けしたり
神さまが"行きなさい"と言われる神社を訪れたりしております。
またこちらから神さまにお伺いさせていただく事もございます。

無農薬野菜やお花を育てたり、自然の中でボーっとすることが好きで
神さまとの対話にもつながっています。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


主の大神さまのご慈愛に心より感謝申し上げます


line3




スポンサーサイト
| メッセージ | ▲ページトップに戻る
2014-12-09 (Tue)
眠りの中で パッと目が覚めた時、海の上にいました。
物質ではない夢の中のカラダで、意識ははっきりしています。
少し足が水に浸かった状態で サーッと 海の上を滑るように移動していました。

ここではなくて 上に… 上昇しなくちゃ! と思い

"わたしはメシヤに結ばれた者として すべてのものと共に
命と意識と魂のふるさとである天国へ立ち返らせていただきます"

と強い意志を持って言いました。

すると ふわりふわりと カラダが 浮き始めて
ゆっくりと 上へ 上へと昇っていきました。

しばらくすると、天井のようなしきりを通り抜けてお座敷に到着したのです。

ここは天国だ… とすぐにわかりました。
何人かの人もいます。

お座敷の奥の一段高いところに着物姿のおじいさま。
主神だ!

お歓びと 深い いつくしみ 愛のあふれる瞳でこちらを見つめてくださっていました。
今にも 涙がこぼれ落ちそうなご様子です。

"よくぞ立ち返ってきてくれた"

というお気持ちがひしひしと伝わってきます。
けれど 今ここで歓喜の時を迎えて良いのだろうか?
湧き上がる歓びを抑えて 不思議なほど冷静に考えていました。

まだやるべきことがあるし、大いなる歴史の節、
テラが高次の波動に包まれて一瞬に移行する、
その日まで 手放しで歓喜する時をとっておきたい…と。

神さまのおやさしい愛に満ちたまなざしが、今も鮮明に心に焼きついています。

                                           
2014年11月22日未明の夢体験
琴音



| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-11 (Thu)
巨大な船の中で "聖なるもの" を丁重に "新しい船" へと運び出す儀式をしています。

その後、つぎつぎと 人々が戸をくぐって新しい船へと乗り移っていきます。
わたしは、戸口で誘導している男性の意識に同化していきました。

新しい船に人々が移動した後の 古い船の中は薄暗く、
取り残された "みたま達" が 床から天井まで
まるで陳列棚に並べられたかのように 整頓され ゆらめき 静まり返っています。
とても侘しく 哀しい情景です。

誘導役の男性は、その "みたま達" に向かい あざけるように言いました。

"神をないがしろにしているからこういうことになるんだ"

と強い口調で責め立てています。

そして 男性が 自分も新しい船に乗り移ろうとした時、
すでに戸が閉まっていたのです。

いぶかしく思いながら、慌てて戸を開けると
色彩豊かな美しい模様の布団で 戸がふさがれて外に出られません。
何度も何度も戸を開け続けても 美しい布団が際限なく積まれてくるのです。

なぜ自分が閉じ込められなくてはいけないのか?
人々が新しい船に移動する手伝いをしていたというのに!

と納得がいきません。
そして ハッと気が付きます。
偉そうに 取り残された "みたま達" をあざけり、責め立ててしまった自分の愚かさに…。


〔2014年11月23日未明の夢体験/琴音〕
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

前日の夢体験 「神のまなざし」
とは真逆の夢を見させて頂きました(._.)

その時は あまり深く考えず 簡単に書き留めておいたのですが、
こうしてまとめさせて頂くと多くの示唆に富んでいるように思えてきます。

《ご参照》
「ガイア・アセンション」より
   →最終変容へ進む地球と人類-サナンダとの対話  

皇帝ダリア

よき一日となりますように

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-15 (Mon)
ご先祖さま おもいの中でつながるすべての方々
生きとし生けるすべてのものと共に
メシヤに結ばれた者として
命と意識と魂のふるさとである天国へ立ち返らせていただきましょう

言い回しは その時々ですが "メシヤに結ばれた者として…"の祈りを捧げるようになって、
夢の中に 疎遠になっている方々や、
中学生時代の同級生など 頻繁にあらわれるようになりました。

〔11月19日未明の夢体験〕

校舎のような建物に、沢山の人が集まってにぎやかな様子です。
しばらくすると、特別親しくもなく
何度か話したことがあったくらいの同級生の男の子が近くにきました。

なぜか 手を繋ぎます。
片方の手はその男の子。もう片方の手は誰かわからないものの確かに手を繋いでいます。
そして スーッと浮いて 上へ昇り始めました。

両手に繋がれている人から、更にその先へ延々と手が繋がれているような感覚です。
多くの人と共に引き上げられているように感じていました。

どこからともなく "できるじゃないか… 云々…"
と 話し合うような声が聴こえていました。

これは何かの実験なのかな…?

暗がりの中でしたが、その後 スーッと 一段階高い領域のような所に到着したのです。
みんな一緒に昇れたようで、ホッとした気持になりました。


kioku


 感謝を込めて
〔2014年11月19日未明の夢体験/琴音〕

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《ご参照》
HPテラ~再生への旅~より
 ・救主降臨
 ・天国への道標
 ・虹の架け橋~祈り 意思表示の例

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-19 (Fri)
真夜中に、突然 ヘヴィメタル調の音楽が聴こえてきました。
とても鮮明なリズムで、早いビートを刻んでいます。
以前にも一度、聴こえてきたことのあるメロディです。
その時は、小さな音ですぐに消えていきました。

なぜ ヘヴィメタル調なのだろう?

光からのものか、闇からのものか、迷いながら慎重に聴き入っていると、
だんだんとボリュームが大きくなってきて、思考回路が狂わされるような圧力を感じました。

眠気と頭の圧迫感にさいなまれながら目を開けると、
天井に30センチくらいの黒い蜘蛛のような生命体が張り付いていることに気がつきました。 
小さなスピーカーのようなボックスも垂れ下がっています。

闇の世界の音楽なのかもしれない…。
今更、妨害しにきたのだろうか。
この終末の時、神はすべてを赦して下さり、
改心すれば、光の世界に立ち返ることができるかもしれないのに。

その時点で、防御する手立ても思いつかず、攻めるような気持ちにもなれず、
この闇の使者が改心してくれれば…と望みを抱いて、すべてをゆだねようと思いました。

「この状況をメシヤにおゆだねいたします。メシヤの御心のままにお導きください。」

と 精一杯声を出して祈りました。
けれど なかなかその音楽は鳴りやまず、音も更に大きくなっていきます。
ますます意識がもうろうとしてきましたが、心の中で祈り続けていました。

しばらくすると、その黒い蜘蛛は、そそくさと逃げるように去っていきました。
…改心できなかったのかな。

すると 闇の世界の音楽は静まり、美しい祝福の音色が響いてきたのです。
もう大丈夫…。天界の音楽に聴き入りながら、ふたたび眠りに落ちていきました。


lemon

朝になって レモンのアロマオイルの香りでお部屋を満たしました。
柑橘系の香りが魔除けに良いと聞いたことがあります。
お花を飾るのも良いそうです。

感謝と共に、メシヤをお讃え申し上げます。
ハレルヤ!ハレルヤ!




〔2014年12月4日未明の体験/琴音〕

《補足》
この音楽は外界から聴こえる音ではなく、
イヤフォンをして聴いているような感覚の内なる世界の音になります。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こんにちは。琴音です。
ここ最近の印象的な夢や体験のお話をお読み下さりありがとうございます。
拍手もとても嬉しく、励みになっております☆
みなさまのご感想や体験のお話、ご質問などもお寄せ頂けましたら光栄です。

各記事の下に表示されております コメント(数字)という所をクリックして頂きますと、
コメント欄が記事の下に出て参ります。
また、拍手ボタンをクリックして頂いた場合も、簡単なコメントフォームが出て参ります。
お名前はニックネームで大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします(^-^)

~感謝を込めて~

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《ご参照》
HPテラ~再生への旅~より
 ・救主降臨
 ・天国への道標
 ・創造の神秘

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-25 (Thu)
昨日の朝、夢から覚めると、ふわふわと浮いていました。
どうなるのかな…と思っていると、あおむけの状態でお部屋の中をを周回しはじめました。

そのような時には、物質の体ではないのですが、
全幅の信頼をもって、身も心も神の御心のままに…と ゆだねるようにしています。

なんとなく、右手に力が入っているように感じて、フッと力みをとった瞬間、
Enyaの名曲が鳴り響いてきました。



Anywhere Is - Enya

I walk the maze of moments
but everywhere I turn to
begins a new beginning
but never finds a finish
I walk to the horizon
and there I find another
it all seems so surprising
and then I find that I know

Chorus:

You go there you're gone forever
I go there I'll lose my way
if we stay here we're not together
Anywhere is

The moon upon the ocean
is swept around in motion
but without ever knowing
the reason for its flowing
in motion on the ocean
the moon still keeps on moving
the waves still keep on waving
and I still keep on going

Chorus

I wonder if the stars sign
the life that is to be mine
and would they let their light shine
enough for me to follow
I look up to the heavens
but night has clouded over
no spark of constellation
no Vega no Orion

The shells upon the warm sands
have taken from their own lands
the echo of their story
but all I hear are low sounds
as pillow words are weaving
and willow waves are leaving
but should I be believing
Then I am only dreaming

Chorus

To leave the tread of all time
and let it make a dark line
in hopes that I can still find
the way back to the moment
I took the turn and turned to
begin a new beginning
still looking for the answer
I cannot find the finish
It's either this or that way
it's one way or the other
it should be one direction
it could be on reflection
the turn I have just taken
the turn that I was making
I might be just beginning
I might be near the end.


line3

Anywhere Is の詞にのせて、

 時間という制約から解き放たれ
 永遠の命を生きよう

 進むべき道はひとつ
 迷いをふりはらい
 天国へ続く道を歩いて行こう


というような神さまのおもいが込められているのでしょうか。
ひめみこさんに主の大神さまへの確認をお願いしましたら、

 " うん。よし。よく謎が解けたな。 "

とのお言葉を頂けました。
主の大神さま 粋な贈りものに感謝いたします。

光あふれる中 みなさまと共に 天国へ続く道を歩んでいけますように★
ハレルヤ♪


琴音

| メッセージ | ▲ページトップに戻る
2014-12-26 (Fri)
お知らせ

拍手コメントをお寄せくださりありがとうございます。
拍手コメントはブログに表示されない設定にさせて頂いているのですが、
その場合、返信もできないことがわかりました。

拍手コメントからご感想などをお寄せいただける際に、
返信をご希望の場合はメールアドレスを記載して頂けましたら光栄です。
どうぞよろしくお願いいたします。

sazanka

Cさんへ

「ひめみこの詩~うた~」より始まりました、
神さまのメッセージを見つけて下さり、本当にありがとうございます。
神さまは、どんなときもお優しく、いつくしんで下さっているかと存じます。

平和で穏やかな年越しとなりますよう、私たちも心から祈らせていただきたいと思います。
そして、これからも希望を持って一歩一歩、共に歩ませていただけますように。

                                 ひめみこ
                                  琴音

| お知らせ | ▲ページトップに戻る