FC2ブログ
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | ▲ページトップに戻る
2014-12-09 (Tue)
眠りの中で パッと目が覚めた時、海の上にいました。
物質ではない夢の中のカラダで、意識ははっきりしています。
少し足が水に浸かった状態で サーッと 海の上を滑るように移動していました。

ここではなくて 上に… 上昇しなくちゃ! と思い

"わたしはメシヤに結ばれた者として すべてのものと共に
命と意識と魂のふるさとである天国へ立ち返らせていただきます"

と強い意志を持って言いました。

すると ふわりふわりと カラダが 浮き始めて
ゆっくりと 上へ 上へと昇っていきました。

しばらくすると、天井のようなしきりを通り抜けてお座敷に到着したのです。

ここは天国だ… とすぐにわかりました。
何人かの人もいます。

お座敷の奥の一段高いところに着物姿のおじいさま。
主神だ!

お歓びと 深い いつくしみ 愛のあふれる瞳でこちらを見つめてくださっていました。
今にも 涙がこぼれ落ちそうなご様子です。

"よくぞ立ち返ってきてくれた"

というお気持ちがひしひしと伝わってきます。
けれど 今ここで歓喜の時を迎えて良いのだろうか?
湧き上がる歓びを抑えて 不思議なほど冷静に考えていました。

まだやるべきことがあるし、大いなる歴史の節、
テラが高次の波動に包まれて一瞬に移行する、
その日まで 手放しで歓喜する時をとっておきたい…と。

神さまのおやさしい愛に満ちたまなざしが、今も鮮明に心に焼きついています。

                                           
2014年11月22日未明の夢体験
琴音



スポンサーサイト
| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-11 (Thu)
巨大な船の中で "聖なるもの" を丁重に "新しい船" へと運び出す儀式をしています。

その後、つぎつぎと 人々が戸をくぐって新しい船へと乗り移っていきます。
わたしは、戸口で誘導している男性の意識に同化していきました。

新しい船に人々が移動した後の 古い船の中は薄暗く、
取り残された "みたま達" が 床から天井まで
まるで陳列棚に並べられたかのように 整頓され ゆらめき 静まり返っています。
とても侘しく 哀しい情景です。

誘導役の男性は、その "みたま達" に向かい あざけるように言いました。

"神をないがしろにしているからこういうことになるんだ"

と強い口調で責め立てています。

そして 男性が 自分も新しい船に乗り移ろうとした時、
すでに戸が閉まっていたのです。

いぶかしく思いながら、慌てて戸を開けると
色彩豊かな美しい模様の布団で 戸がふさがれて外に出られません。
何度も何度も戸を開け続けても 美しい布団が際限なく積まれてくるのです。

なぜ自分が閉じ込められなくてはいけないのか?
人々が新しい船に移動する手伝いをしていたというのに!

と納得がいきません。
そして ハッと気が付きます。
偉そうに 取り残された "みたま達" をあざけり、責め立ててしまった自分の愚かさに…。


〔2014年11月23日未明の夢体験/琴音〕
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

前日の夢体験 「神のまなざし」
とは真逆の夢を見させて頂きました(._.)

その時は あまり深く考えず 簡単に書き留めておいたのですが、
こうしてまとめさせて頂くと多くの示唆に富んでいるように思えてきます。

《ご参照》
「ガイア・アセンション」より
   →最終変容へ進む地球と人類-サナンダとの対話  

皇帝ダリア

よき一日となりますように

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-15 (Mon)
ご先祖さま おもいの中でつながるすべての方々
生きとし生けるすべてのものと共に
メシヤに結ばれた者として
命と意識と魂のふるさとである天国へ立ち返らせていただきましょう

言い回しは その時々ですが "メシヤに結ばれた者として…"の祈りを捧げるようになって、
夢の中に 疎遠になっている方々や、
中学生時代の同級生など 頻繁にあらわれるようになりました。

〔11月19日未明の夢体験〕

校舎のような建物に、沢山の人が集まってにぎやかな様子です。
しばらくすると、特別親しくもなく
何度か話したことがあったくらいの同級生の男の子が近くにきました。

なぜか 手を繋ぎます。
片方の手はその男の子。もう片方の手は誰かわからないものの確かに手を繋いでいます。
そして スーッと浮いて 上へ昇り始めました。

両手に繋がれている人から、更にその先へ延々と手が繋がれているような感覚です。
多くの人と共に引き上げられているように感じていました。

どこからともなく "できるじゃないか… 云々…"
と 話し合うような声が聴こえていました。

これは何かの実験なのかな…?

暗がりの中でしたが、その後 スーッと 一段階高い領域のような所に到着したのです。
みんな一緒に昇れたようで、ホッとした気持になりました。


kioku


 感謝を込めて
〔2014年11月19日未明の夢体験/琴音〕

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《ご参照》
HPテラ~再生への旅~より
 ・救主降臨
 ・天国への道標
 ・虹の架け橋~祈り 意思表示の例

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2014-12-19 (Fri)
真夜中に、突然 ヘヴィメタル調の音楽が聴こえてきました。
とても鮮明なリズムで、早いビートを刻んでいます。
以前にも一度、聴こえてきたことのあるメロディです。
その時は、小さな音ですぐに消えていきました。

なぜ ヘヴィメタル調なのだろう?

光からのものか、闇からのものか、迷いながら慎重に聴き入っていると、
だんだんとボリュームが大きくなってきて、思考回路が狂わされるような圧力を感じました。

眠気と頭の圧迫感にさいなまれながら目を開けると、
天井に30センチくらいの黒い蜘蛛のような生命体が張り付いていることに気がつきました。 
小さなスピーカーのようなボックスも垂れ下がっています。

闇の世界の音楽なのかもしれない…。
今更、妨害しにきたのだろうか。
この終末の時、神はすべてを赦して下さり、
改心すれば、光の世界に立ち返ることができるかもしれないのに。

その時点で、防御する手立ても思いつかず、攻めるような気持ちにもなれず、
この闇の使者が改心してくれれば…と望みを抱いて、すべてをゆだねようと思いました。

「この状況をメシヤにおゆだねいたします。メシヤの御心のままにお導きください。」

と 精一杯声を出して祈りました。
けれど なかなかその音楽は鳴りやまず、音も更に大きくなっていきます。
ますます意識がもうろうとしてきましたが、心の中で祈り続けていました。

しばらくすると、その黒い蜘蛛は、そそくさと逃げるように去っていきました。
…改心できなかったのかな。

すると 闇の世界の音楽は静まり、美しい祝福の音色が響いてきたのです。
もう大丈夫…。天界の音楽に聴き入りながら、ふたたび眠りに落ちていきました。


lemon

朝になって レモンのアロマオイルの香りでお部屋を満たしました。
柑橘系の香りが魔除けに良いと聞いたことがあります。
お花を飾るのも良いそうです。

感謝と共に、メシヤをお讃え申し上げます。
ハレルヤ!ハレルヤ!




〔2014年12月4日未明の体験/琴音〕

《補足》
この音楽は外界から聴こえる音ではなく、
イヤフォンをして聴いているような感覚の内なる世界の音になります。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

こんにちは。琴音です。
ここ最近の印象的な夢や体験のお話をお読み下さりありがとうございます。
拍手もとても嬉しく、励みになっております☆
みなさまのご感想や体験のお話、ご質問などもお寄せ頂けましたら光栄です。

各記事の下に表示されております コメント(数字)という所をクリックして頂きますと、
コメント欄が記事の下に出て参ります。
また、拍手ボタンをクリックして頂いた場合も、簡単なコメントフォームが出て参ります。
お名前はニックネームで大丈夫です。

どうぞよろしくお願いいたします(^-^)

~感謝を込めて~

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
《ご参照》
HPテラ~再生への旅~より
 ・救主降臨
 ・天国への道標
 ・創造の神秘

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2015-01-11 (Sun)
こんにちは。
先日、1月9日にご訪問くださいました hiroakiさん より、
印象的な夢体験のコメントをお寄せ頂きましたので、ご紹介させていただきます。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
〔hiroakiさん〕
はじめまして私hiroakiと申します。本日初めてブログを見せて頂き、自分の魂に響くようなメッセージがあり感謝です。ありがとうございます。よく不思議な夢を見ることがあり、初めて夢の中で自分の魂を見た夢を見ました。十字に強い黄色の光を放ち、その中にきれいな赤色が混じっていました。とてもまぶしく感じました。今私自身、福祉の仕事をして多くのことを学ばしていただく体験をしています。色々な体験を受け入れ、それに対して感謝しています。これからはこのブログを時間があるときに拝見させていただきます。今後ともよろしくお願いします。

〔ひめみこ 琴音〕
はじめまして。
ブログ『光り輝く世界の記憶』へご訪問くださりありがとうございます。そして、メッセージに共鳴してくださり、私達もとても嬉しく思っております。 夢の中で、ご自身のまぶしく輝いている魂をご覧になられたとは、本当に素敵な体験ですね。
こちらのブログに掲載させて頂いている夢体験もそうなのですが、印象的なビジョンやメッセージ性に富んだ夢は、多くの方々と共有させて頂き、照らし合わせ、未知なる世界を切り開くために神さまが見せて下さっているのだそうです。
貴重な夢をお伝え下さり、ありがとうございます。
よろしければ、その時の夢を前後を含めて記憶されている範囲で、詳しく教えて頂けますでしょうか。

hiroakiさんが、お仕事の色々な体験に対して感謝をされていらっしゃるように、私達も、あらゆる出来事を、魂を磨くための学びと受け止め、これからも感謝の心を培わせて頂きたいと思います。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

〔hiroakiさん〕
自分の魂の夢を見たのは1/8の夜の時で、その前に自分の魂を感じてくださいとのメッセージがインターネットを通して伝えられていました。夢の中では女性の方(声のみ)に目を閉じてご自分の魂を感じてください(見てください?)と言われ、夢の中で目を閉じたときにすぐにまぶしい光の映像(十字に黄色い光を放ちきれいな赤)が見えました。目を開けた時に女性に何か言われたが覚えてはいません。その後、夢から目を覚ましました。1/8の夜の空(寝る前:夢を見る前)を見ていたら月と星がいつもよりも光が強く感じました。もともと私自身、霊感があるほうなのでここ2~3年前から色々な光を見たり感じたりしています(その前は波動の低いものばかり見ていました)。そして直接高次元の声は聞こえませんが、本やインターネット、人を通してメッセージを受けることが多くなりました。小さいころから不思議な体験や夢を見てきており、今はただ日々の経験に感謝してすべては自分の魂が求めている方向に進んでいると感じて過ごしています。自分でもよくわからないけどこちらのブログが気になってコメントをしています。ありがとうございます。

                               【⇒コメント欄より】

line3


さっそく詳しい状況について教えてくださりありがとうございます。
前もって 「自分の魂を感じてください」 とのメッセージが届いていたのですね!

十字に強い黄色の光を放ち、その中にきれいな赤色が混じって、まぶしく輝いている魂

神の分霊として神とひとつになり光り輝いている魂、という印象を受けております。
自分の中にも、そのようなイメージをもって静かに座ってみますと、
清らかな心地よい光に満たされるように感じられました。

また、印象的なメッセージや夢体験などがありましたら、ぜひ共有させてください(^-^)

私、琴音はもともと霊感は皆無ですが、数年前より夢がとてもリアルになり、
空や、家の中でもチカッと青みがかった銀色の光が見えましたり、
少しづつ、小さく、単調な旋律から始まって、今では音楽が聴こえてくるようになりました。

神さまが "神の計画の完成" に向けて、母なる地球~テラ~に、
世界中の人々に、すべてのものに、たくさん光を届けてくださっているんだな…
と実感させて頂いております。

ありがとうございます。


kinkan

~主の大神さまのお導きに心より感謝申し上げます~

| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
2015-09-30 (Wed)
こんにちは。
9月27日朝方の印象的な夢体験についてお伝えさせていただきます。

~美しい音楽と光の夢~                  〔2015/9/27の夢:琴音〕

家で家族と一緒に、ハーブとスパイスを使って野菜カレーを作っていました。

なんとなく、自分の部屋で休みたいと思うと、ふわーっとカラダが浮き上がって、部屋の方へ移動しはじめました。
夢の中のカラダは、壁などもすーっと通り抜けてしまいます。
ベットの上についたと思いましたが、いつの間にか、白い光の中で、あおむけに浮上しているような状態になっており、周りの景色も観えなくなっていました。
まるで、ふかふかとした真綿の一部に溶け入っているような感触でした。

その中では、自分のカラダと周りのものとの境目がなくなっているように感じられ、
"すべてのものと一体となる" とはこのような感触なのかな…。と考えていました。

その後、すーっとベットの上に座りました。
とても清らかで、心地良く、ほんのりと黄色い透きとおった光が頭上から注がれて、カラダをつらぬいている感触があります。

ふと、見たことのない古びたボストンバックが置いてあることに気づいて、中身を確認してみると、使わないようなものばかり入っていたので、片づけなくては、と思いました。

母と姉が部屋に入って来たので、「もういらないよね。」と一緒にバックの中身を見ていると、頭上から注がれていた光が更にたくさん流れ込んできました。
すると、なぜか透きとおって見える私の胸からお腹にかけてのあたりから、いつもは、"内なる音楽"として頭の中で聴こえている美しいハーモニーが、外の世界にまで聴こえるように鳴り響いていきました。

母も姉も、「なあに?…きれいな音楽。」「すごく癒される…。」と耳を澄まして聴いていました。

突然、また一段と強く、濃い黄色味を帯びた光がカラダを通して勢い良く外にあふれだしていきました。
そのエネルギーで、姉のカラダは、部屋の隅にまで押されていってしまいましたが、すぐにその光を求めるように私の近くに来たので、姉の方に向けて手をかざしてみると、手のひらから更に強い光が放出されていきました。

姉は、その光を両手ですくいとるようにして、「癒される…。」と嬉しそうに言っていました。

光の粒

メシヤの御名にあって
全人類 その両親 ご先祖さま
生きとし生けるすべての命 天地万物一切と共に
主神の息である愛の光によって
おきよめいただき 癒され よみがえり
新しく生きるものとして 
主神のみ元へ立ち返らせていただけますようおゆだねいたします


・*。 主神の赦しと愛の中に存在する すべてのものへの感謝と共に 。*・


四葉


| 魂の体験記録 | ▲ページトップに戻る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。